教育方針/教材・カリキュラム

マジーアGOLDEN AGEサッカースクールは、9歳~12歳(アカデメイアは15歳まで)の選手が対象の、「個人能力向上」に特化したサッカースクールです。

ここでは、運動のテクニックをマスターするための最高の年代である「ゴールデンエイジ」の間に、お子様の技術力を集中的に鍛えます。現時点で身体の大きさやスピード・キック力などの成長が遅く、所属チームで悔しい想いをしている子も「もっと上手くなりたい」と強く願うひたむきな子は必ず上達します。技術の土台を丁寧に積み上げていきます。しかし機会の平等はあっても結果がすべて平等であるという事はあり得ません。参加人数によっては進級できない場合も出てきます。現段階で上手かどうかの前に、本スクールで能力を伸ばしていけるタイプなのかどうかも判断していきます。指導の特徴は以下の4つです。

1. 浮き玉を扱う技術

サッカーボールをリフティングなどで自在に操るフリースタイルという競技があります。実際にそこまで極めるかどうかは本人次第ですが、サッカー選手を目指す以上、身体のさまざまな部分でボールをコントロールする「ボールを止める」能力は大変重要になってきます。実際には動きの中で正確な技術を発揮する必要があるため、足先でボールを突くだけではなく、美しい姿勢やリズム感、上半身とのバランスなどを指導します。レッスンが進むにつれ難易度は上がっていきます。

2.専門コーディネーション

サッカーに関する専門の身体・ボールの動かし方をさまざまな技術メニューをこなしながら学んでいきます。一つの動きをマスターしたら、別の動きと同時に行ったり、人数やスペース、ルールの変化などを通して応用力を高めます。さらに合図に対する反応または逆の反応を、瞬時に判断し実行に移す練習などを行います。反復による技術獲得と神経系の回路づくりに重きを置いています。

3.逆利き足

シュートチャンスでボールが左側にある場合、右利きだから蹴りやすいように一度切り返す、もしくは回り込んで右足で蹴る、そのようなプレーはジュニア年代では通用しても改善しないと近い将来必ず両足が使えないための壁にぶつかります。今後対戦相手から事前に動きを分析をされても、常に2つ以上の選択肢を持つことで相手に次の動きを読ませないプレーができるようなります。この年代で弱点を長所に変えましょう。普段使わない「逆利き足」を中心に、状況に応じて無理なくパス・シュートができるようにトレーニングを行います。

4.フットサルコート

ブラジルでは多くのプロサッカー選手が、子どもの頃フットサルで身に付けたテクニックを、サッカーで活かせるように応用しています。フットサルコートはサッカーコートと比べ狭く相手との距離が近いため、瞬発力やボールコントロール力の向上に有効です。ドリブル・パス・トラップの技術が必然的に高まり、ポジショニングやマークの外し方、限られたスペースをどう上手く利用するかなどが身に付きます。サッカーのためのトレーニングなので、スローイン等ルールは柔軟に対応していきます。

教材/カリキュラム

マジーア教材DVD

Image Training (イメージトレーニング)

海外のサッカー先進国と日本との違いの一つに、映像による「良い見本」を見る機会が挙げられます。ヨーロッパや南米ではこどもの頃から毎日のようにプロ選手のプレーを見ているため上達が早く、一流選手が次々と輩出されています。良いプレーや世界トップクラスの映像を日常的に観ることで、子どもたちが良いプレーのイメージを持つことができます。5年生からは「貸出に関する誓約書」を提出した生徒へ特別編集DVDを毎レッスン無料で貸し出しています。
1人称イメージ ⇒ その運動をしている選手になりきり、見えている景色や手足の感覚などを想像する方法です。この時、脳は実際に運動をする時と同じように活動し、身体を動かさなくても高いトレーニング効果を得られます。映像の中の選手になりきり目を閉じてもイメージできるように脳を鍛えることが、技術の他、戦術理解・メンタルやフィジカルの強さにも相乗効果として現れてきます。(再生機器にスローモーション機能があればより理解が深まります。)
良いイメージトレーニングの方法をなるべく早い段階で身に付けることで、行っていない子どもよりも早く様々なことに自分自身で気づくことができます。

マジーア教材プレーヤーズカード

海外のサッカーを観るにあたり、最初は知らない選手ばかりなので興味が持てないこどももいます。マジーアでは、テストの結果やゲームでの勝ち点の積み重ねにより得られる「プレーヤーズカード」を用意しています。こどもたちはカードが大好きです。まずはスター選手の名前から覚えることで、DVDやテレビでもっと楽しく興味を持って一流のプレーを観ることができると思います。またカードの裏には様々な外国語を載せており、その言葉を覚えなければ次のカードが引けないため皆、覚えてきます。。たくさんのカードを集められるように頑張ることでいつの間にか技術も脳も鍛えられていきます。

 

MAJIA のロゴ(マーク)には、実は様々な意味が込められています。
金色に輝く 「鳳凰」 はゴールデンエイジのお子様を、背景にある模様は、世界最高峰「エベレスト」をイメージしています。オリンピックで金メダルを目指すアスリートのように世界の舞台で活躍する技術力の高い選手の輩出を目指します。

中学・高校のスポーツ留学例

クリスチアノ ロナウド 12歳時 離島マデイラ島→ポルトガルの首都リスボンへ

リオネル メッシ 13歳時 南米アルゼンチン→スペインのバルセロナへ

本田圭佑 大阪府出身 高校から石川県へ(星稜高校)

香川真司 兵庫県出身 中学から宮城県へ(FCみやぎバルセロナ)

長友佑都 愛媛県出身 高校から福岡県へ(東福岡高校)

吉田麻也 長崎県出身 中学から愛知県へ(名古屋グランパスエイト)

~野球~

ダルビッシュ有 大阪府出身 高校から宮城県へ(東北高校)

田中将大 兵庫県出身 高校から北海道へ(駒大苫小牧高校)

~テニス~

錦織圭 島根県出身 中学からアメリカへ(ニック・ボロテリー・テニスアカデミー)

他、多数・・・

 

参考
ドゥンガ(元ブラジル代表主将、監督)

 

ジュニアユース(中学)の頃のチームには、私より間違いなく良い選手、素質に恵まれた選手がいたが、私ほど決意が固く、固執し、永続を求め、堅実な者はいなかった。
トレーニング以上に厳しいのがクラブで生き残っていくための競争だ。自分がテストを受けた年と同じように毎年最低500人の選手がインテルナショナル(ブラジル南部の名門)のテストにチャレンジする。一度チームに加わってもやはり毎年ふるいにかけられ、良い選手だけが残っていく。選手の数は年齢が上になるほど絞られるため、競争も年を追うごとに、プロフェッショナルに近づけば近づくほどに厳しさを増す。17、18歳になると、新しくチームに入れるのは年間1人、2人になってしまう。

 

生き残って上のカテゴリーに進めるかどうかは運にも左右される。テストの一環として出場した試合での出来不出来や、その時の体調によっても結果は変わる。また、チームがその選手のポジションやプレーのタイプを必要としているかどうかなど、クラブ側のニーズと状況、タイミングによっても左右される。

 

この年代の選手は、プロフェッショナルになれるか否かという、大きなプレッシャーに苛(さいな)まれる。だからこそ、一回、一回のトレーニングが戦争だった。そんなプレッシャーに負け、プロフェッショナルになれなかった選手はあまりに多い。だが同情している暇はない。自分はどんな問題でも乗り越えられるんだ、ということを見せつけなければならない。それが競争というものだ。プロフェッショナルになったらなったで、その後はもっと強いプレッシャーが待ち受けているのだから。チャンスは一度しかない。
私がブラジルユース代表に呼ばれたとき、チーム関係者が注目していたのは同じポジションを争う他の選手だった。だが試合では途中からその選手に代わって私が出場し、良いプレーを見せると評価は逆転した。次から呼ばれるようになったのは私であり、最初に注目を集めていた選手はその後、二度と代表に選ばれることはなかった。一人の選手がチームに入れるかどうかは、瞬間、瞬間のうちに判断される。その瞬間に準備が整っていなければ元も子もない。

 

 

その他の動画はコチラ

お問合せ