マジーア4コンセプト

1. テクニック

サッカーやフットサルの個人技術を中心に、段階的に身につけていきます。足にボールが吸いついているかの如くボールを扱い、相手の逆を突くフェイント、一瞬のひらめきで相手に勝つ事を求めていきます。普段使っている利き足だけではなく、不得意な逆利き足で蹴ることを意識させ、両足を自在に操れるようにトレーニングを進めていきます。

2. フィジカル

選抜(アカデメイア)からは「真剣なぶつかり合い」を求めていきます。プレッシャーの少ない場面でしか活きない技術に価値はありません。常に真剣勝負で戦う習慣を身につけます。苦しい時こそ、強いディフェンスができる選手は、自分を高めるだけでなく一緒に学ぶ相手をも高め、双方にとって素晴らしい練習となるのです。

3. メンタル

マジーアは、ただ技術だけを教えるスクールではありません。子どもの「心」を鍛えなければ身につけていく「技術」は意味を持ちません。最終目的は上手くプレーすることに執われないこと。そのために技術を完全なものとし、チームの中にあっても「個人で相手と戦う」強い精神力を求めます。それらプレー中の「心」の在り方のバランスを模索していきます。

4. センス

フィールド上の選手は、ゲームの流れやボールの動き、パートナーの次の動きを感じ取って、どこに移動すべきかを察知しなければなりません。監督やスカウトの目に留まるのは、「ボールを持っていない時の動き」も理解している選手です。最初は意識して考えながら動くことで、その後は経験から正しい動きを体が感じるようになります

 

 

サッカーの練習は、大きく分けて3つ

1.「ボールを使わない」身体ケア・スピード・パワー・コーディネーション等
2.「ボールを使う・ゴールは使わない」ボールテクニック・ボールポゼッション等
3.「ボール・ゴールを使う」シュート・タクティクス・パターン・セットプレー等
 
サッカーの練習は、一般的に一つ一つを切り離さずに総合的に行っていくことが望ましいとされていますが、一つ一つ課題を細分化し丁寧に練習することは、それら点がいつかつながった時に「自らの気づき」としてレベルアップするきっかけとなります。即効性ばかり求めたり、極端な「白か黒か」「有りか無しか」「どちらが正しいか」ではなく、バランスと将来への準備が大切なのです。
 
チーム戦術を遂行するには、やはり『個人技術』の強固な土台が必要です。「技術」が未熟なうちから「戦術」を練習しても、基本的なミスが連発してはチームとしてのテーマが学習できません。本人の自信も無くなり消極的なプレーが目立つようになります。また「状況判断しろ」と言われても「運ぶ・抜くドリブル」や「ダイレクトプレー・2タッチプレー」の技術、さらに「左右両足」が扱えるかどうかは、落ち着いて適切なプレーの選択ができるかを左右します。
 
~ マジーアゲームシステム ~
せっかくセカンドスクールに通うのであれば、日頃できない練習ができた方が良いのではないでしょうか。マジーアのゲームは「ドリブル禁止」や「パス禁止」といった極端に子どもの選択肢を奪う方法ではなく、数的不利でプレーしなければならない状況、技術を駆使しなければならない状況、予測や判断を速くしなければならない状況など、ゲームの流れや自身の判断によってめまぐるしく状況が変わります。打開策として技術練習や左右の足でのダイレクトパス、2タッチパスの練習をしっかり行い、選択するであろうプレーの技術を磨く。ルールに慣れるまでは大変で体験レッスンであきらめてしまう子もいますが、口だけではなく本当に逞しい「個」を鍛えるには、程よい困難(プレーのし難さ)が大切だと考えます。

 
保護者の皆様が知っておくべき「10,000時間の法則」
 
10,000時間の法則とは、その分野のエキスパート(プロ)になるための経験則。将来ヨーロッパで活躍するような選手を目指す場合、18歳までには10,000時間を達成し、その後も厳しい練習と経験を積まねばなりません。
 
① 6歳から「毎日3時間」練習すると → 15歳で10,000時間に到達。
② 6歳から「週4回1日2時間」練習すると → 30歳で10,000時間に到達。
 
練習のし過ぎがケガにつながるなど良くないという論調を目にしますが、それは内容に問題があるからではないでしょうか。ボールを使わずただ走るだけの時間はサッカーが上達する時間と言えるでしょうか?疲れて練習した気になるだけです。サッカーの練習には行かせていても実際は見ている時間や遊んでいる時間が多かったとしたらあまり意味はありません。多くの子どもたちには、ボールを扱う練習量が足りていません。戦術はチームの監督やコーチ、プロの試合などから学び、技術は毎日磨かなければ将来一流の相手には通用しないでしょう。日本人の一流アスリートは世界の金メダルを目指しています。テニスの錦織選手、野球の大谷選手、フィギュアスケートの羽生選手などの子どもの頃の練習量はどれくらいだったのでしょう?子どもの頃に1週間に2日も3日も練習しない日のある一流選手や一流奏者は恐らくいません。『マジーア』は技術課題・リフティング課題・イメージトレーニング教材など、自主練習時間を確保する工夫に力を入れています。
 
同じ時間に他人の1.5倍の量をこなす。1.5倍のスピードで行う。
他人が毎日1000タッチなら1500タッチする。他人が20回なら30回やる。
 
毎日休まず1日3時間以上。量が間に合わなければ質を上げるしかありません。
 

その他の動画はコチラ

お問合せ