マジーア4コンセプト

1. テクニック

サッカーやフットサルの個人技術を中心に、段階的に身につけていきます。足にボールが吸いついているかの如くボールを扱い、相手の逆を突くフェイント、一瞬のひらめきで相手に勝つ事を求めていきます。普段使っている利き足だけではなく、不得意な逆利き足で蹴ることを意識させ、両足を自在に操れるようにトレーニングを進めていきます。

2. フィジカル

選抜(アカデメイア)からは「真剣なぶつかり合い」を求めていきます。プレッシャーの少ない場面でしか活きない技術に価値はありません。常に真剣勝負で戦う習慣を身につけます。苦しい時こそ、強いディフェンスができる選手は、自分を高めるだけでなく一緒に学ぶ相手をも高め、双方にとって素晴らしい練習となるのです。

3. メンタル

マジーアは、ただ技術だけを教えるスクールではありません。子どもの「心」を鍛えなければ身につけていく「技術」は意味を持ちません。最終目的は上手くプレーすることに執われないこと。そのために技術を完全なものとし、チームの中にあっても「個人で相手と戦う」強い精神力を求めます。それらプレー中の「心」の在り方のバランスを模索していきます。

4. センス

フィールド上の選手は、ゲームの流れやボールの動き、パートナーの次の動きを感じ取って、どこに移動すべきかを察知しなければなりません。監督やスカウトの目に留まるのは、「ボールを持っていない時の動き」も理解している選手です。最初は意識して考えながら動くことで、その後は経験から正しい動きを体が感じるようになります



サッカーの練習は、大きく分けて3つ

1.General preparation drills (ボールを使わない)
  身体ケア・スピード・パワー・コーディネーション等
2.Specific general preparation drills (ボールを使う・ゴールは使わない)
  ボールテクニック・ボールポゼッション等
3.Specific preparation drills (ボール・ゴールを使う)
  シュート・タクティクス・パターン・セットプレー等


 サッカーの練習は、一般的に一つ一つを切り離さずに総合的に行っていくことが望ましいとされていますが、一つ一つ課題を細分化し丁寧に練習することは、いつか点と点がつながる時に「自らの気づき」としてレベルアップする為に有効です。即効性ばかり求めたり、極端に「白か黒か」「有りか無しか」「どちらが正しいか」ではなく、バランスが大切です。


 試合を行う「チーム」は、試合結果を分析し、必要なチーム戦術・パターンなどの練習に時間を割く必要があります。その戦術を遂行するには、やはり『個人技術』の強固な土台が必要です。
 「技術」が未熟なうちから「戦術」を練習しても、基本的なミスが連発してはチームとしてのメインの練習テーマが学習できません。自信も無くなり消極的なプレーが目立つようになります。また「状況判断しろ」と言われても「運ぶ・抜きにかかるドリブル」や「ダイレクトプレー・2タッチプレー」の技術を身に付けているかどうか、また「左右両足」が扱えるかどうかで、プレーの選択肢の幅は大きく異なります。


 『マジーア』で学ぶ『個人技術』は、反復練習により熟練すると、状況に結びついた行動のサインを無意識に見つける事ができ、チーム戦術練習においても素早く適切な行動が可能になります。普通の人なら時間をかけ意識的に行う事を、瞬間的・無意識的・かつ正確に判断して実行できるようになります。
 『マジーア』では、左右両足を使える選手になるため使う足を制限した練習メニューが多く、1タッチ・2タッチパスの練習とボールを扱う技術練習を徹底することで、より効果的な選択が出来るようになります。紅白戦では数的有利・不利など様々な要素を含む独自のルールで行います。
 「個人・グループ戦術」の指導も一定の割合で行います。
 戦術とは相手を欺く方法。ドリブルの「1対1」だけではなくグループとしても同じ。
自陣に引き寄せてからの「カウンター」、片側サイドに寄せてからの「サイドチェンジ」などの有効性を理解させ、ポジショニングのバランスやリアクション、リカバリーなども主に紅白戦を通じて学んでいきます。



保護者の皆様が知っておくべき「10000時間の法則」


 10000時間の法則とは、その分野のエキスパート(プロ)になるための経験則。
将来ヨーロッパで活躍し何億も稼ぐような選手を目指している場合、18歳までには10000時間を達成し、その後も厳しい練習と経験を積まねばなりません。


① 6歳から「毎日3時間」練習すると
 15歳で10000時間に到達。
② 6歳から「週4回1日2時間」練習すると
 30歳で10000時間に到達。


上記の法則を考えると、多くの子どもたちは練習量が足りていません。
陸上選手ではないのでランニングは練習時間に入れるべきではありません。
『マジーア』は技術課題・リフティング課題・イメージトレーニング教材など、自主練習時間を確保する工夫に力を入れています。


同じ時間に他人の1.5倍の量をこなす。1.5倍のスピードで行う。
他人が毎日1000タッチなら1500タッチする。他人が20回なら30回やる。


毎日休まず1日3時間以上。量が間に合わなければ質を上げるしかありません。


9割以上のこどもは法則など知らない。保護者の協力が無ければ実践出来ない。続かない。だから到達出来るのはほんの一握り。少数精鋭のJユースや部員100人以上いる強豪高校を狙うのなら、90%のグループに入っていてはいけません。約1割の優秀なグループに入れるのかはそれまでの積算練習時間で決まることを本人が理解することです。卒業後の進路(プロや大学推薦など)にも関わってきます。

その他の動画はコチラ

お問合せ