マジーア4コンセプト

1. テクニック

サッカーやフットサルの個人技術を中心に、段階的に身につけていきます。足にボールが吸いついているかの如くボールを扱い、相手の逆を突くフェイント、一瞬のひらめきで相手に勝つ事を求めていきます。普段使っている利き足だけではなく、不得意な逆利き足で蹴ることを意識させ、両足を自在に操れるようにトレーニングを進めていきます。

2. フィジカル

「真剣なぶつかり合い」を求めていきます。プレッシャーの少ない場面でしか活きない技術に価値はありません。常に真剣勝負で戦う習慣を身につけます。苦しい時こそ、強いディフェンスができる選手は、自分を高めるだけでなく一緒に学ぶ相手をも高め、双方にとって素晴らしい練習となるのです。

3. メンタル

子どもの「心」を鍛えなければ身につけていく「技術」は意味を持ちません。最終目的は上手くプレーすることに執われないこと。そのために技術を完全なものとし、チームの中にあっても「個人で相手と戦う」強い精神力を求めます。それらプレー中の「心」の在り方のバランスを模索していきます。

4. センス

フィールド上の選手は、ゲームの流れやボールの動き、パートナーの次の動きを感じ取って、どこに移動すべきかを察知しなければなりません。監督やスカウトの目に留まるのは、「ボールを持っていない時の動き」も理解している選手です。最初は意識して考えながら動くことで、その後は経験から正しい動きを体が感じるようになります


 チーム戦術を遂行するには、やはり『個人技術』の強固な土台が必要です。「技術」が未熟なうちから「戦術」を練習しても基本的なミスが連発してはチームとしてのテーマが学習できません。本人の自信も無くなり消極的なプレーが目立つようになります。また「状況判断しろ」と言われても「運ぶ・抜くドリブル」や「ダイレクトプレー・2タッチプレー」の技術の有無、さらに「左右両足」が扱えるかどうかが、落ち着いて適切なプレーの選択ができるかどうかを左右します。


 
~ マジーアゲームシステム ~
 せっかくセカンドスクールに通うのであれば、日頃できない練習ができた方が良いのではないでしょうか。マジーアのゲームは「ドリブル禁止」や「パス禁止」といった子どもの選択肢を奪う方法ではなく、むしろ瞬時に選択をしなければなりません。数的不利な状況、技術駆使が必須な状況、予測や判断の速さが求められる状況など、ゲームの流れや自身の判断により目まぐるしく状況が変わります。打開策として技術練習や左右ダイレクトパス、2タッチパスの練習を毎回行い、選択肢のプレー技術を磨きます。
ルールに慣れるまでは確かに大変です。本当に逞しい「個」を鍛えるには、ある程度の困難(プレーのし難さ)が必要です。スクール生は入会当初、ほぼ全員同じ気持ち(難しい・意味が分からない・何も出来ず悔しい、等)を経験しています。新入生の大変さはよく分かっているので促せばルールなどを教えてあげようとしてくれます。そのような経験もまた成長につながるのです。

 

保護者が知っておくべき「1万時間の法則」
1万時間の法則とは、その分野のエキスパート(プロ)になるための経験則。将来ヨーロッパで活躍するような選手を目指す場合、なるべく早い年齢で1万時間を達成し、その後も厳しい練習と経験を積み重ねる必要があります。

① 6歳から「毎日3時間」練習すると→15歳で到達
② 6歳から「週4回1日2時間」練習すると→30歳で到達

練習のやり過ぎはケガにつながるなど良くないという論調を目にしますが、それは内容に問題があるからです。ボールを使わず走るだけの時間はサッカーが上達する時間と言えません。ただ疲れて練習した気にはなるかも知れません。またサッカーの練習に行ってはいても実際は待ち時間ばかりだったとしたらそれも効率的ではありません。一口に「プロ」を目指すと言ってもJ2の選手とイングランドプレミアリーグとでは平均年俸差は約100倍、C・ロナウドやネイマールとは約1000倍の差となります。練習の量と質で生まれる差、まさに「時は金なり」なのです。

大きな夢を持つ子の多くはボールを扱う練習量が足りていません。戦術はチームの監督やコーチ、プロの試合などから学び、技術は自分自身で毎日磨かなければ将来一流には通用しないでしょう。

テニスの錦織選手、野球の大谷選手、フィギュアスケートの羽生選手などの子どもの頃の練習量を想像してみてください。1週間に2日も3日も全く練習しない休養日がある一流選手は恐らくいません。『マジーア』は技術課題・イメージトレーニング教材など、自主練習時間をサポートする工夫に力を入れています。

その他の動画はコチラ

お問合せ