マジーア4コンセプト

1. テクニック

『ボールタッチ数日本一』を目標に掲げ徹底して個人技術を磨きます。姿勢を重視し足にボールが吸いついているかの如くボールを扱えるように訓練します。またシュート・パス・ドリブル全てを、不得意な逆利き足も意識させ、左右両足を自在に操れるようにトレーニングを進めていきます。

2. フィジカル

個人の上達の前に他者の上達を妨げる行為・プレー(特に緩慢な守備)に対しては厳しく指導します。プレッシャーの少ない場面でしか活きない技術に価値はありません。苦しい時こそ強い守備ができる選手は、自分を高めるだけでなく一緒に学ぶ相手をも高め、双方にとって素晴らしい練習となるのです。

3. メンタル

当スクールでは生徒を「個人競技選手」と考え指導をします。自らの技術や判断のミスが即、勝敗や選考の合否を決める、そのような緊張感が個人競技の選手と比べ欠けている子が多いと感じています。挫折を乗り越え強くなる人は物事を他人のせいにせず「自分の努力が足りなかった」と考えます。

4. センス

サッカー選手はゲームの流れやボール、相手・味方の次の動きを察知し動かなければなりません。監督やスカウトの目に留まるのは「ボールを持っていない時の動き」を理解している選手です。最初は意識して考えながら動くことで、その後は経験から正しい動きを体が感じるようになります。


 チーム戦術を遂行するには、やはり『個人技術』の強固な土台が必要です。「技術」が未熟なうちから「戦術」を練習しても基本的なミスが連発してはチームとして戦術を練習できません。また「状況判断しろ」と言われても「運ぶ・抜くドリブル」や「ダイレクトプレー・2タッチプレー」技術の有無、さらに「左右両足」が扱えるかどうかといった適切なプレーの選択肢があるかどうかが問題なのです。

 

~ マジーアゲームシステム ~
 せっかくセカンドスクールに通うのであれば日頃できない練習ができた方が良いのではないでしょうか。当スクールのゲームは「ドリブル禁止」や「パス禁止」といった子どもの選択肢を奪う方法ではなく、迫る相手に対し瞬時に「選択」をしなければなりません。数的不利な状況、技術駆使が必須な状況、予測や判断の速さが求められる状況などゲームの流れや自身の判断により目まぐるしく状況が変わります。逞しい「個」を鍛えるには困難(プレーのし難さ)が必要です。スクール生は入会当初ほぼ全員同じ気持ち(難しい・意味が分からない・何も出来ず悔しい、等)を経験しています。新入生の大変さはよく分かっているのでルールを教えてあげようとしてくれる子もたくさんいます。そのような経験もまた成長につながるのです。

 

保護者が知っておくべき「1万時間の法則」
1万時間の法則とは、その分野のエキスパート(プロ)になるための経験則。将来ヨーロッパで活躍するような選手を目指す場合、なるべく早い年齢で1万時間を達成し、その後も厳しい練習と経験を積み重ねる必要があります。

① 6歳から「毎日3時間」練習すると→15歳で到達
② 6歳から「週4回1日2時間」練習すると→30歳で到達

練習のやり過ぎはケガにつながるなど良くないという論調を目にしますが、それは内容に問題があるからです。ボールを使わず走るだけの時間は疲れて練習した気にはなるかも知れませんがサッカーが上達する時間と言えません。また練習に行ってはいても実際は待ち時間ばかりだったとしたらどうでしょう。

壮大な夢を持つ子の多くはボールを扱う練習量が足りていません。戦術はチームの監督やコーチ、プロの試合などから学び、技術は「自分自身」で「毎日」磨かなければ将来、毎日練習してきた選手が集う強豪のAチームや全国レベルでは通用しません。

テニスの錦織選手、野球の大谷選手、フィギュアスケートの羽生選手などの子どもの頃の練習量を想像してみてください。1週間に2日も3日も全く練習しない休養日がある一流選手は恐らくいません。『マジーア』は技術課題・イメージトレーニング教材など、自主練習時間をサポートする工夫に力を入れています。

その他の動画はコチラ

お問合せ