「アカデメイアは、古代ギリシアのアテナイ北西部郊外にあった、英雄アカデモスの聖林(森)に因む神域であ り、リュケイオン、キュノサルゲス等と並ぶ代表的なギュムナシオン(体育場)の所在地でもあった。紀元前387 年、プラトンがここに学園を開設したため、この地名「アカデメイア」がそのまま学園名として継承された。算術、 幾何学、天文学等を学び一定の予備的訓練を経てから理想的な統治者が受けるべき哲学を教授した。特に、 幾何学は、感覚ではなく、思惟によって知ることを訓練するために必須不可欠のものであるとの位置付けで、 学校の入り口の門には「幾何学を知らぬ者、くぐるべからず」との額が掲げられていたという」

Wikipadia

▶ YouTubeで大きく見る

 

▶ YouTubeで大きく見る

 

▶ YouTubeで大きく見る

個人技の練習をしていない選手が行う組織プレーと、徹底的に個人技を鍛えられた選手が行う組織プレーとでは、 後者が強いのは当然である

独自の技術圧縮反復方式! 『ハイパーテクニックウェイトトレーニング』

「青い鳥」コース技術を習得(80レッスン目安)した進級希望者から受講者を選抜。
マジーア技術をさらに圧縮。通常行わない、より多くの技術を連続して繰り出すことにより一つ一つの技術の精度・スピードを高め、実戦においてより容易に身につけた技術を発揮できるようトレーニングを行っていきます。
ジュニアユース(中学)以降は高い技術を持っていても、さまざまな理由で失敗を恐れチャレンジできなくなり、特徴のない普通の選手になってしまうパターンが多い。ここではTPOや効果的かどうかを考えながら選手自身が試行錯誤し、失敗しても何度もチャレンジできる環境で実戦的な技術に昇華させ、『常識にとらわれない』観ている者をワクワクさせる独創的なプレーで結果(ゴール・アシスト)を出すことを求めていきます。

世界の常識を覆す!“超高負荷” 『テクニック&ストレングスコンディショニングトレーニング』
これまでの価値観を、世界を基準にした価値観へ・・・
大切なのは「自分自身」が世界に通用するかどうかだ!

これより先は本格的に『フィジカル』の土台を固めて、ユース(高校年代)以降の挑戦に備えます。
ドリブル・スピード・フィジカルの強さ、どれか一つでも飛び抜けた能力が必要。南米や欧州では激しいボディコンタクトが当たり前。倒れそうな中でも正確な技術が要求され、身体能力やメンタルで戦える人間かどうかが選考のポイントとなります。190cm前後の相手を想定したフィジカルと勝者のメンタリティ(気迫・気力・主体性)を兼ね備えない『テクニック』はこの先、通用しません・・・
U-15ブラジル代表・U-15ドイツ代表等、同年代の世界最高レベルの相手を仮想相手とし、『心・技・体』全てで互角に渡り合える「土台」を身につけ、より高いレベルでも独自の技術を発揮することを目標とします。

ストレングス&コンディショニングトレーニングの目的はパフォーマンスアップと障害予防です。トレーニング効果を出すためにはトレーニングの3原理・5原則を守る必要があります。パフォーマンスアップのためには、サッカーに適した動きを取り入れる特異性の原則を意識することが大切です。しかし、一般的に自己流で負荷を上げれば意識が薄まり、過負荷・意識性の原則が崩れてしまいます。また、誤ったトレーニングは膝や股関節などの怪我を定着させ練習機会を奪ってしまいます。正しいトレーニングをするためにはストレングス&コンディショニングを正確に指導できるコーチに学ぶことが重要です。

安藤貴通 『良トレ』代表  中京大体育学部卒 
名古屋医専卒 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト  
NSCA認定パーソナルトレーナー   
http://www.nsca-japan.or.jp/11_quali/strength.html
健康運動指導士  
整体師  
VAAMプロスタッフ 

ウォームアップ

サッカーの動きに適した動作を効果的に取り入れ、関節可動域を拡げながら筋温を高め、
選手が持っている能力を最大限に引き出します。試合に向けて個人のウォームアップもアドバイスしていきます。

スピード・アジリティ

サッカーのスピード強化には持久的な要素と瞬発的な要素に大きく分けられます。二つを両立させるためにはピリオダイゼーション(期分け)に沿った練習計画が重要になってきます。試合に向けてのピーキングを高めて結果を出せる選手に育成します。

体幹トレーニング

ポストゴールデンエイジと言われる運動能力の発達に適した時期にコーディネーショントレーニングを含めた適切なプログラムを行うことで、子どもの伸びしろを最大限に引き出します。

クールダウン

疲労回復を促し障害予防に最も効果的。練習後のケアに対する意識が日本人は特に低い。トレーニングでは厳しい負荷をかける為、決してクールダウンを怠らない、プロ意識を有する選手に育てます。